環境への取組み

今、CO2排出量の見える化と、その削減が求められています。

カーボンオフセットCarbon Offset

アイカはカーボンオフセットで、印刷物のCO2排出量を相殺により削減します。

カーボンフットプリントでは、CO2排出量を見える化し、排出量の多い材料の仕様変更や排出量の多い製造工程の見直しなどにより削減しますが、カーボンオフセットでは全く異なる現場で削減した排出量をCO2排出権として購入し、相殺(打消し)することによって削減します。

印刷過程で排出されるCO2を「排出削減事業」の効果(CO2排出権)で相殺

「CO2排出権」とは、排出削減事業によって純減したCO2量を特定し、それを大気中CO2濃度の軽減効果として認証されるものです。
なかでも国連認証下で行われる排出削減事業(CDM=クリーン開発メカニズム)から生まれる排出権は「CER」と呼ばれ、現在もっとも信頼の高い排出権です。
当社の加入する日本水なし印刷協会(略称JWPA)は、信頼の高いカーボンオフセットプロバイダである一般社団法人日本カーボンオフセット(略称COJ)と契約し、この「CER」を活用した「カーボンオフセット水なし印刷」を行います。
該当する印刷物には右記のマークに加え、「この印刷物から発生する○kgのCO2はカーボン・オフセット・ジャパンを通じてオフセット(相殺)され、地球温暖化防止に貢献します。」などの文書を入れられます。

JWPAを通すことにより、通常は個別に行うことが難しい少量でのオフセットが可能となり、印刷物のCO2排出量を適切な価格で相殺出来ます。JWPAとの契約にしたがってCOJは排出権を適切に調達・管理し、このオフセット以外の目的で再利用されることのないように「排出権の無効化手続き」を行います。無効化された排出権は日本の京都議定書での削減ノルマに反映されます。

詳しくはこちらのパンフレットをご覧ください。(PDF)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無料)が必要です。
アイコンをクリックしてダウンロードしてください。

※PDFはWEB表示用に最適化されています。印刷には適しませんのでご注意ください。