オーバープリントについて

オーバープリントとは

印刷データを作る際に、色の上に色を乗せる処理のことを言います。一般的に見当ズレを起こしてもオーバープリントで色を重ねると、そのような隙間をなくして印刷することができます。

「K100%のオーバープリントなし」と「K100%のオーバープリントあり」

スミベタのオーバープリント

弊社ではスミベタ(K100%)で作成された部分は全てオーバープリント処理を自動的におこないます。
小さな文字が見当ずれの影響を受けると、僅かなずれでも白い隙間が目立ってしまいますので、背面にある色と、前面にあるブラックを重ねて印刷する事で見当ズレが発生しても回避できます。

スミベタのオーバープリント

スミベタのオーバープリントの注意点

●白フチ文字の設定

白フチ文字の上に、墨文字(K100%)を重ねると、背面の白フチ文字の塗りの色設定が透けて見えてしまうことがあります。白フチ文字の「塗りの色設定」も白にすることで解決します。

塗りの設定が「ナシ」だと中央が透けます。

一般的には、フチ文字の「塗りの色設定」もフチの色と同じにしてください。

写真の上に墨ベタ(K100%)のボックスなどを重ねると、バックの写真が透けて見えてしまうことになります。

写真の上に墨ベタ(K100%)のボックスなどを重ねると、バックの写真が透けて見えてしまうことになります。

スミベタのオーバープリントの回避

弊社では一般的に墨ベタ(K100%)で作成された部分は「墨ノセ(ブラックオーバープリント)」という処理を自動的におこないますが、任意的にオーバープリントを回避する事が出来ます。

●CMY の他のインキを混ぜる

黒を墨ベタ(K100%)ではなく、何か他のインキを1% でも混ぜることで、墨ノセを回避できます。

●リッチブラックの使用

リッチブラックを使用する事で、墨ノセを回避できます。

リッチブラックを使用する事で、墨ノセを回避できます。

小さな文字や罫線までオーバープリントを回避する設定をされると、見当ズレの影響で、隙間が目立ったり、可読性を損なうことがあります。小さな文字や罫線はK100% にしてください。

テクニカルガイドTOPに戻る