印刷物に付加価値を持たせ「機能する印刷物」へ。
Sfitは多店舗・FC店舗向けのアプリです。

ショッピングモールや商店街の様なアプリです。

Sfitは、ひとつのアプリ内に複数の店舗を存在させることができます。
各店舗のアプリをいちから作る必要がないので、本部としてはコスト削減を図ることができます。
また、各店舗はオリジナルな使い方ができるので他店との差別化も可能です。

※画像内のアプリアイコンはサンプルです。実際にはお客様が自由にデザインして頂けます。

各店舗が独自の戦略で販促活動が行えます。

多くのアプリは運営本部が主体で情報配信を行うため、店舗が個別に情報配信を行うことができません。

しかし、Sfitであれば店舗ごとに機能の設定が可能で、それぞれの特色を生かした販促活動が行えます。
リアルタイムに情報を配信したり、特典を付けたりすることで集客UPに繋がります。

アプリを体験する

Sfit エスフィット

ストアで「sfit」と検索してインストールすることもできます。

注意事項

  • ※iOS 8以上、Android 4.0以上を搭載したカメラ付スマートフォンが対象となります。
  • ※スマートフォンを対象としたアプリのため、タブレット端末では表示が崩れる場合があります。
  • ※Androidは多種多様な機種があるため、Android 4.0以上を搭載している端末でも性能や使用状況等によって動作しない場合があります。
  • ※iOS 8以上を搭載したiPhoneでも、古い機種では正常に動作しない場合があります。
  • ※本アプリを使用するにはインターネットに接続できる環境が必要です。
  • ※3G環境でも動作しますが、LTE(4G)またはWi-Fi環境でのご使用をおすすめします。
  • ※発生する通信費はお客様負担となります。
  • ※アプリのデザイン・コンテンツについては予告なく変更する場合があります。

Jfitとの違い

  • JfitはQRコードやパスコードを使用して店舗をユーザー自身で登録しますが、Sfitは登録された店舗が初めから一覧として表示されています。
  • Jfitの様にSfitに参加することはできません。Sfitはあくまでモデルケースです。