アイカの取り組み カーボンオフセット

アイカはカーボンオフセットで印刷物のCO2排出量を相殺により削減します

「カーボンフットプリント」では、CO2排出量を見える化し、排出量の多い材料の仕様変更や排出量の多い製造工程の見直しなどにより削減しますが、「カーボンオフセット」では排出削減事業者が削減した分のCO2排出量を「CO2排出権」として購入することで、生産活動で発生するCO2排出量を「相殺(オフセット)」します。


当社の加入する日本水なし印刷協会(略称JWPA)を通すことにより、通常は個別に行うことが難しい少量でのオフセットが可能となり、印刷物のCO2排出量を適切な価格で相殺出来ます。


水なし印刷+カーボンオフセットの仕組み