黒の種類について

スミべタ(墨ベタ・K100%)

K のみを100% にすることで、黒インキのみで表現する一般的な黒です。
弊社ではスミベタ(K100%)で作成された部分は全てオーバープリント処理を自動的におこないます。
詳しくは『オーバープリントについて』をご覧ください。

スミべタ(墨ベタ・K100%)

リッチブラック

K100% にCMY を足した「深みのある黒」を表現する時に使用します。弊社ではCMY それぞれに「40%」を設定したリッチブラックを推奨します。

リッチブラック

リッチブラックなどのCMYK4 色を掛け合わせて作成された黒を、細かい文字や細い線などに使用すると、見当ズレ(版ズレ)が発生した場合、にじんだように見え、読みづらくなる可能性があります。
リッチブラックは見当ズレ(版ズレ)を考慮して、小さい文字や線には使用しないでください。

4 色ベタ

CMYK すべてが100% で作成されている状態を4 色ベタと言います。4 色ベタは印刷の許容量を超えた大量のインキが紙に転写されるため、乾きが悪くなり、印刷後に紙が重ねられた際に、乾いてないインキが上の紙に付着してしまう「裏移り」の危険性があります。

4 色ベタ

一般的に印刷データでは4 色ベタは使用しないでください。
掛け合わせを使用する場合CMYK の総インキ量は、250% 以内を目安にしてください。

レジストレーション

レジストレーションとは「トンボにのみ使用される色設定」です。このレジストレーションはCMYK すべて100%で印刷されます。設定をトンボ以外で使用されますと、4 色ベタと同じ設定になりトラブルの原因となります。

レジストレーション

トンボ(トリムマーク)のカラー設定以外では絶対に使用しないでください。
トンボを選択した後にオブジェクトを作成すると、カラーパレットの設定がレジストレーションになっていることがありますので、ご注意ください。

RGB で作成された黒

RGB カラーモードで作成された黒(R0 G0 B0)は、CMYK に変換すると4 色掛け合わせの黒となります。
このときの変換結果はアプリケーションのカラー設定によって異なります。

RGB で作成された黒

このような場合はあらかじめCMYK カラーモードでファイルを作成し、墨ベタ(K100%)で色を再指定ください。
弊社ではスミベタ(K100%)で作成された部分は全てオーバープリント処理を自動的におこないます。
詳しくは『オーバープリントについて』をご覧ください。

スミの確認方法

正しくスミに変換されているかを「分版プレビュー」で確認することができます。

■分版プレビュー(CS4~)

(1)メニュー[ウィンドウ][分版プレビュー]

(2)オーバープリントプレビューにチェックを入れ、「ブラック」のみ非表示にします。

オーバープリントプレビューにチェックを入れ、「ブラック」のみ非表示にします

(3)「スミベタ」に設定してあるオブジェクトは表示されなくなります。任意的に「リッチブラック」の設定を使用してある個所など確認してください。

テクニカルガイドTOPに戻る
  • Q&A | お客様の困ったを解決!アイカはこんな会社です!
  • インターネット印刷サービス | 印刷通販の良安