画像解像度について

画像解像度とは

画像解像度とは、画像の精細さを表す数値です。単位はdpi(dot per inch)やppi(pixel per inch)がありますが、一般的には、dpi で表現します。印刷時やスキャナでの読み込み時などに必要となります。
dot(ドット)はピクセルとほぼ同じで「点」をあらわし、1 インチ(=25.4mm)あたりのdot(点)の数が解像度です。解像度は数値が大きいほど、画素の密度が高くなり高精細になります。
解像度が低いと、目の粗い画像になってしまいます。逆に解像度が高すぎても出力機器が対応できません。

一般的な印刷では実際に使用するサイズで、画像解像度が適正な350 ~ 400dpi になるよう調整してください。

●画像解像度の目安

解像度使用用途
72~96dpiWeb 掲載画像など(スクリーン解像度)
150 ~ 200dpi離れて見るポスター、大判POP
350 ~ 400dpiチラシ・パンフレット、カタログ等、一般的な印刷物

画像の解像度の注意点

●web で使用されている画像

web などで用いられる画像はスクリーン解像度といって72dpi が基本です。モニターではきれいに見えていても、印刷には不向きで、粗いドットが目立つ仕上りとなり、文字などは読めないことがあります。
ホームページの素材を印刷に流用したときによく問題となりますのでご注意ください。

一般的にweb に添付されている画像は印刷画像としては使用できませんのでご注意ください。

「350dpi」の画像と「72dpi 印刷には適さない解像度」の画像

画像の保存形式

入稿データの画像の保存形式は「EPS」形式を推奨しています。
その他の画像形式については以下を参照してください。

保存形式備考
EPS(推奨)DTPでよく使用される出力安定性の高い画像形式です。
PSDDTPでよく使用される画像形式で、レイヤーなども保存できますが、
データが重くなります。入稿データの画像は統合してください。
TIFF
JPEG保存を繰り返すたびに画像に圧縮がかかり劣化します。
保存時のオプションでは「最高画質」(最低圧縮)を選択ください。
GIFWEBなどモニタ表示用に主に使用される画像形式です。
CMYKカラーモードで保存できませんので印刷には不向きです。
PNG
BMP
テクニカルガイドTOPに戻る
  • Q&A | お客様の困ったを解決!アイカはこんな会社です!
  • インターネット印刷サービス | 印刷通販の良安