配置画像

リンク画像と埋め込みについて

Illustrator の配置画像には「リンク画像」「埋め込み」という2 種類の方法がありそれぞれに特徴があります。

■リンク画像について

Illustrator のファイル自体には画像データは取り込まれず、別に用意された画像ファイルとリンクして画像がプレビューされます。そのためIIllustrator ファイル自体のデータ容量はそれほど大きくならずに扱えます。
正常にリンクされているかはリンクパレットで確認することができます。
※入稿する際はIllustrator ファイルと配置した全ての画像ファイルをセットにして入稿してください。

リンク状態はリンクパレットから確認できます。メニュー[ウィンドウ]「リンク」

■リンクパレット

リンクパレット

■埋め込みについて

Illustrator ファイル自体に画像データが取り込まれて一体化されます。そのためファイルサイズは大きくなります。
また画像データを修正した場合は、埋め込み画像には反映されませんので再度配置する必要があります。
画像の配置状態はリンクパレットで確認することができます。
※すべての画像を埋め込んだ場合、入稿データに画像ファイルは必要ありませんがIllustrator ファイルの容量は非常に大きくなりますので注意が必要です。

■リンクパレット

リンクパレット

画像を埋め込む方法と注意点

リンクパレットから埋め込みたい画像を選択してリンクパレットの右上にあるオプションメニューより[画像を埋め込み]を選択すると画像が埋め込まれます。

画像を埋め込み

Photoshop 読み込みオプションが表示されたら

透明を含んだPhotoshop 画像を埋め込むと、埋め込む際に「Photoshop 読み込みオプション」が表示されますが、「レイヤーをオブジェクトに変換」を選んで埋め込むと、画像のサイズが変わることがありますので、必ず「複数のレイヤーを1 つの画像に統合」を選択して埋め込んでください。

画像を埋め込み
テクニカルガイドTOPに戻る
  • Q&A | お客様の困ったを解決!アイカはこんな会社です!
  • インターネット印刷サービス | 印刷通販の良安